RSS
  • 腸溶性、美容サプリメントお得な2本セット 17.100円
  • 腸溶性、美容サプリメントお得な3本セット 24.300円
  • 腸溶性、美容サプリメント、定期お届コース 自動お届システム 14.950円

アンチエイジングに


体内の金属物質が寿命を縮める?

世界的に女性の平均寿命は男性を上回り、先進国では7〜8歳長生きします。なぜ男女で寿命に差ができるのでしょうか?女性は男性より女性ホルモンの恩恵をうけていて、長寿に恵まれるという説が有力ですが、くわえて、女性は、男性より体内に鉄などの金属物質をためにくく、その毒性の影響をうけにくいともいわれています。女性は更年期を迎えるまで生理があり、定期的に血液中にふくまれる鉄を排出しているので、男性とくらべ体内に鉄がたまりにくいのです。

体内の鉄など金属物質がつくりだす有害作用は「酸化ストレス」とよばれています。これは、「ヒドロキシラジカル」とよばれる活性酸素が発生し、遺伝子を変異させてしまうことが原因です。それでは、活性酸素とは何でしょう?

わたしたちは無意識に空気を吸って、生命活動に必要なエネルギーを生みだすための酸素を体内に供給しています。酸素の98〜99%は活動エネルギーをつくり出すために使われますが、残りの1〜2%が「活性酸素」となります。この活性酸素、本来は病原菌などを殺菌する役割をもっているのですが、多量に発生すると体を「サビさせる」といわれています。これが酸化ストレスです。



カラダの金属物質が活性酸素を発生させる


酸化ストレスの原因である活性酸素。体内に鉄や銅などの重金属類がたまっていると連鎖反応がおこりやすくなり、この活性酸素「ヒドロキシラジカル」が過剰発生してしまうといわれています。現在、ガン、高血圧・糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中・痴呆といった生活習慣病の大半は、ヒドロキシラジカルによる「酸化ストレス」が発症の要因。この過剰発生する活性酸素を放置しておくと、カラダのサビつきがどんどん進んで、機能低下や病気の原因となります。一言でいうと、「カラダの老化が進む」のです。



ラクトフェリンは有害金属を無毒化


最近、体内の鉄・銅などの重金属イオンを無毒化(キレーション)する作用があると注目されているのが、「ラクトフェリン」という栄養成分です。日本でも最近よく知られているアンチエイジング療法「キレーション」ですが、ラクトフェリンには、もともと体内の有害金属物質と結合して無毒化するキレーション作用があります。クリニックなどで行われるキレーション療法では一般的にEDTAと呼ばれる液体を点滴などで注入して行われますが、ラクトフェリンはこのEDTAよりキレーション作用が高いといわれています。

ラクトフェリンを積極的に取ることで、金属物質との連鎖反応で発生する活性酸素「ヒドロキシラジカル」の生成を効果的に抑えることができ、体内の「酸化ストレス」を回避します。ラクトフェリンはアンチエイジング効果が期待できる美容成分として、現在もっとも注目されています。

酸化ストレスを防ぐといわれているビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カロチノイド、αリポ酸、お茶のカテキン、ブルーベリーのアントシアニンなど、抗酸化サプリメントはたくさん発売されていますが、これらはすべて「成分自体」が活性酸素に酸化される、つまり身代わりになることで、酸化ストレスを防ぐ作用があるといわれています。

ところが近年、ビタミンE、ビタミンC、βカロチンは、多量に摂取しても活性酸素を吸収してくれないといった研究結果も報告され始めました。もしこの結果が正しければ、多くの抗酸化成分が「効き目がない」ということになりかねません。

一方、ラクトフェリンの抗酸化作用が注目されているのは、これまでの抗酸化成分のように「発生した活性酸素」の酸化ストレスを「成分自身が身代わりになって抑える」事後的アプローチではなく、より根本的な、「活性酸素が発生する前」に「体内の金属物質を無毒化(キレーション)してしまう」事前的アプローチだからです。高いアンチエイジング作用をもったスーパー美容・健康成分としてラクトフェリンは今、大変注目されています。



腸まで届けられるのはサプリメントだけ


ラクトフェリンはミルクやヨーグルトなど乳製品にたくさん含まれる成分ですが、熱や酸にとても弱く、「生きて腸まで届く」ことが非常にむずかしいといわれています。ですから、いくら市販のヨーグルトを食べても、ほとんど効果は期待できません。ところが、このことは一般的にはあまりよく知られていないようで、まだまだ多くの人がほとんど吸収されないミルクやヨーグルトを毎日飲みつづけているのです。

ラクトフェリンは、成分だけを抽出して専用コーティング加工した「サプリメント」から取るのが効果的。ただし、サプリメントならどれでもよいかというとそうではありません。腸まで届く専用加工をされたものでなければ、ラクトフェリンはやっぱり途中で分解されてしまうのです。

現在市販されているラクトフェリン錠剤には、この「腸まで届く」専用コーティングがされていないものがほとんどですから、購入前にしっかり確認することをオススメします。


しっかり腸まで届く濃純ラクトフェリン100美肌MAX

ページトップへ